Wワーク風俗デリヘルと昼職を掛け持ちする良いこと悪いこと

佐久上田OLStyleデリスタ店長です。佐久と上田にてデリヘル営業中。Wワーク歓迎で女の子大募集中です。

本職があり昼または夜で働いていることを一般的に「昼職」といいます。会社勤めのOLさんや専業主婦、幼稚園等先生、ショップ店員、美容部員にネイリストさん等いてると思います。

昼職と風俗との掛け持ちのメリット

空いた時間を有効活用できる。

風俗店では出勤日や出勤時間を自由に決めることができ、空いた時間に風俗の仕事ができます。また急に休みができたり不定期で昼職の休みがある方でもお仕事することが可能です。

金銭感覚、お金遣いの狂いを防止できる。

風俗一本でお仕事していると、金銭感覚が狂う傾向にあります。慣れてくると指名客やリピーター、プレイ内容も上達して稼げる金額が上がってきます。一般職で稼げる金額を大幅に上回ることができるため、金銭感覚が狂ってきます。

精神面や経済的にも、心のゆとりができる。

本職の社会保険に加入していればで有利になったり、少ない昼職の給料を風俗の手取りで補えるようにもなり、効率的に稼ぐことも可能なります。
また、クレジットカードやローン時の勤務先を公表できる
逃げ場があるので、精神面でもゆとりができる。

昼職の際のような振る舞い、接客が出来ると、

「レア感」
「この子は風俗歴が浅い印象」
「素人っぽい印象」を与えることができて風俗での指名も取れやすくなるメリットもあります。

風俗と掛け持ちすることのデメリット

多々メリットはありますが、一般的には掛け持ちしての両立は困難であります。
単純に2つの環境があり、肉体的、精神的に疲労が蓄積して長続きしません。

職場エリア近辺や地元の風俗店で働けば、身元が会社バレしてしまう危険性もあります。
無理なく掛け持ちすることがおすすめです。

当店デリスタは身バレ防止対策、Wワーク歓迎

当店デリスタでは、身バレ防止を徹底的にしています。またWワーク歓迎で女性ファースト宣言していますので、環境に合わせて無理なく働くことを推奨していますので、安心できます。