セックスのあと、男性が愛想なくなると言われるのには実は理由があった!

佐久上田OLStyleデリスタ店長です。性格や相性にもよりますが、一般的にセックスや行為のあとの男性の方が、余韻を楽しまないって言われますよね。

男性と女性の違いとして、

女性はこまごまとした欲求を全部ひとりの男性にかなえてもらおうとするが、男性はたったひとつの要求をたくさんの女性にかなえてもらおうとする。

テストステロンとオキシトシン

まずセックスしたい衝動や願望を引き起こす物質「テストステロン」は男性の方が女性より10倍~20倍も多くて、急激に性衝動が起きるのはこのためであり、力が強く、毛深く、攻撃的、すぐ発情することにおいてもこの「テストステロン」が関係している。

その反面、女性に多いのは「オキシトシン」であり、この「オキシトシン」は通称「抱きしめホルモン」といわれており、性的に高まってきた時には男性、女性共にたくさん放出されます。

ただ、男性は勃起したらオキシトシン濃度が急激に下がってしまう為、セックスのあと、女性は抱きしめられるのが大好きだが、男性がそそくさとベッドを出るのはそのためであります。

余談だが、男性女性ともに恋に落ちたときも男性より、女性のほうがオキシトシン濃度が高くなります。よって、授与性がすぐ相手に夢中になるのもそのためであり、愛情が豊かになって相手との絆が深くなります。

ちなみに、体内のオキシトシン量は、もともと男性より、女性の方が30%高いといわれています。そのため、女性は恋に夢中になって周りがみえなくなる、との愛着が時に病的なまでの相手に対する執着となることがあります。

研究結果では、恋をしている状態はドラッグをキメたときと同じ状態なる!とのこと

男女間のトラブル等で最近事件もありますが、恋の依存症がコカインやスピードに近いということを研究で突きとめています。

恋をしているときは、コカインを摂取した時と共通のニューロン回路が活発になり、まさにドラッグをキメたのと同じハイでバキバキな状態になるといわれています。