風俗嬢は男性の前立腺がんのリスクを減少させてる!

佐久上田OLStyleデリスタ店長です。セックスと性を欲求解消だけではなく、科学的にも実は死亡リスクを軽減させている!

射精のお手伝いをさせていただいてるのが、風俗嬢、そう当店も含めデリヘル店です。

ハーバード大学医学部の調査によると、男性は前立腺癌のリスクを減らすために月に少なくとも21回射精するべきであることがわかりました。
31925人の健康な男性を対象に1992年から射精の頻度についてアンケートを実施。それから2010年まで20~29歳と40~49歳の男性を追跡調査しました。

その結果、月に21回オルガスムを経験している男性は、前立腺がんを発症する確率を33%削減できる研究結果が発表されています。

若い男性に限らず、オナニーすることの大事さ

男女ともに、オナニーすることで以前紹介したように「快眠」及び「ストレス軽減」の効果が期待できます。

射精することで、前立線がんのリスクを軽減できる。

定期的なオナニーや風俗利用が健康の秘訣

愛する彼や大好きな人を健康かつ長生きしてほしいなら月に21回の射精をお手伝いしてあげてください。しかし現実的にそれほどエッチが好きな女性はいないと思うので、風俗利用を許してあげてください(笑)

射精のお手伝いしてくれる女性大募集中!

接客講習に実践講習を女性スタッフが優しく指導します!業界未経験でも安心!求人応募はデリスタまで!